漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しいたけの鶏挽肉詰め。
おはようございます。
朝からフィギュアスケートの録画放送を見ながらの更新です。
やっぱり、華がありますね
でも、その分、出場選手はプレッシャー大きいのかな?と、ちょっと心配してしまいます。

さて、本日のご紹介は、やっぱり、冷蔵庫の中身と相談。

相方の実家は、冬はしいたけを作っています。
生しいたけって、ムチムチしててとってもおいしいんですよ

せっかく新鮮なしいたけがあるので、本日は

しいたけの鶏挽肉詰め。

しいたけの鶏挽肉詰め。

ソースは、前にも紹介したものですね。
材料(2人分)
■鶏肉詰め
 ●しいたけ 6個(石突を取る)
 ●鶏挽肉 70g
 ●にら 数本(10~5mmくらいに刻む)
 ●ねぎ 5cmくらい(薄く小口切り)
 ●塩胡椒 少々
 ●酒 小さじ1
 ●醤油 少々
 ●ごま油 少々


■ソース
 ●ポン酢 大さじ3
 ●水 大さじ3
 ●にんにく 1/2片(スライス)


色がほしかったので、盛り付け時には小松菜のソテーを置いてみました。

しいたけ以外の具/調味料をよく混ぜます。

しいたけの裏側に、 を詰めていきます。

オーブンまたはグリルでじっくり焼いていきます。

ソースは、別の小鍋で煮立ててください。

焼きあがった をかけて完成です。

しいたけと挽肉の組み合わせはありですね
今回もおすすめの料理です

メモ1
グリル焼きは、ちょっと時間がかかるので、
 グリルで表面→レンジで中
と、熱の通し方を変えると、時間の節約になるかと思います。

メモ1
減量を考えれば、チーズを入れて、洋風ソースでいきたかったのですが、それは次回にします。

最近の写真をず~っと見ると、皿のレパートリーが少ないことに気付きます。
まあ、新婚の家庭なんてそんなもんですよね
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:我が家の晩御飯 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/95-1e76e86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。