漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おからの炒り煮?
こんばんは!
本日はおから料理第2段です。
ちなみに第3段まで続く予定です・・・ごめんなさい

昨日、紹介したレシピはいきなり応用編みたいなものだったのですが、基本編をしっかり作ってみようと思います

おからの炒り煮?

おからの炒り煮

でも、何かを調べたわけでなく、やっぱり記憶を頼りにしてみます。

材料は、相変わらずラフにいってみます。
 ●おから 適量
 ●にんじん
 ●しいたけ
 ●ヤーコン
 ●酒
 ●めんつゆ
 ●醤油
 ●その他


かな~りルーズです。

野菜を炒めます。

調味料で味をつけます。(少し濃い目で)

おからを入れて、炒めながら和えます。

みたいな感じで作ります。
ひき肉とか、ツナとか使うのが王道らしいです。
でも、覇道を進む私は使いません。

修羅の道です。

味も修羅の道でした

正直 ヤーコンに救われた 感が否めません。

メモ1
まずは、ひき肉とかは入れるべきですね。
食感がもっさりしてしまいます。
ヤーコンに救われたという所以はこのあたりです。
かなり、おすすめです。
ただ、ヤーコンを使うときは、あく抜きをしっかりしましょう

メモ2
煮炒めですが、水分が少ない時は躊躇せず水を入れましょう。
入れすぎても、炒めれば飛ぶので問題ないです。

もし、ヤーコンの素晴らしさを体感したい方がいらっしゃったら、参考にしてください。
が、個人的には、他のところのレシピを参考にするのをお勧めします
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/87-0fa8fafd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。