漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新巻鮭を使った麻婆豆腐風。
昨日、大家さんから新巻鮭を頂きました。

どうやら、地元の広田水産高等学校というところの生徒が作ったものだそうです。

「まだ食べてないし、生徒が実習で作ったものだから、美味しいかどうかわからないけど・・・」

という話だったそうですが(相方が受け取った)、高校生が地場産品で一生懸命作ったもの。

不味いわけがない

でも、正直、調理法がわからないので、また悪い癖のためし料理

新巻鮭を使った麻婆豆腐風。

新巻鮭を使った麻婆豆腐風

さて、材料です。

 ●新巻鮭 2切
 ●豆腐 1パック(サイコロ切り)

 ●長ネギ 1/6本(みじん切り)
 ●生姜 1片(みじん切り)
 ●にんにく 1片(みじん切り)
 ●唐辛子 適量(輪切り/みじん切り)
 ●山椒 適量
 ●ごま油 適量
 ●酒
 ●胡椒 少々
 ●ごま 適量
 ●豆板醤 適量
 ●酢 少々
 ●水溶き片栗粉 適量


毎度の事ながら、適量ばっかりです。

新巻鮭をレンジで加熱し、ほぐします。
 (ほぐしはフォークを使うと楽かもしれないです)

フライパンにごま油をしき、生姜、にんにく、唐辛子、山椒を炒めます。

香りが出てきたら、を入れ炒めます。

火が通ったら、豆板醤を入れて炒め、酒を入れます。
 あとは、残った調味料で味を確かめながら調味していきます。

味が調ったら、豆腐を入れて火を通します。
 (水分が足りなかったら、水を足してください)

豆腐に火が通ったら、火を止めて水溶き片栗粉を入れ、優しくかき混ぜます。

さらに長ネギを入れて、和え、皿に盛り付けて完成です。

まず、新巻の味しかしません
決してまずい訳ではありません。

現実として、新巻を堪能できる料理です。
いろんな意味で余裕のある方、お試し下さい。

メモ1
新巻は、生鮭より味が凝縮されています。
分量に注意です。
(必要に応じて塩抜きも必要かもしれないです)

メモ2
食べてみて気付いたのですが、アンチョビーみたいな使い方もできそうですね。
和風パスタに今度は使ってみようかと思います^^
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

私も残り物の鮭で色々を調理しますが、今回の物にはビックリです。辛さを入れなければ鮭の豆腐煮で美味しいと想像出来ます。

生徒さんが作った新巻は、そのまま焼いて食べてみたいです。東京のスーパーで売っている、塩鮭はノルエー産?の生鮭に塩をふりかけているだけの代物が多いいです。本物の新巻鮭、塩引きは中々お目にかかりません。

良い大家さんをお持ちで幸せなのでは?。。。
【2006/01/18 17:44】 URL | バンダナ親爺 #- [ 編集]

>バンダナ親爺さま。
コメントありがとうございます。
なるほど、鮭の豆腐煮って手がありましたね。
まだまだ修行が足りないようです。
大家さんには大変お世話になっております。
事あるごとに相談したりと。。。
ほんと、申し訳ないくらいです(T_T)
新巻はまだまだ消費しきってないので、新しい料理を模索してみます。
【2006/01/18 20:47】 URL | isao #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/62-afe98548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。