漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんまいとこんにゃくを炒めたもの。
こんばんは~。
本日は夜の更新です。

以前にも触れましたが、帰省した時、山形の実家から母親が春に取っていた山菜を頂いてきました。

この時期、山菜というのは疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、山間部では、水煮/瓶詰めなどの方法で保存し、食料の少ない冬に食べるのは、そんなに珍しいことではありません。

以前紹介した納豆汁も、その一つです。

さてさて、そんなバックボーンを抱えつつ、本日の料理です。

ぜんまいとこんにゃくを炒めたもの。

ぜんまいとこんにゃく炒め


正直、山菜は炒め物以外に汁物しか知らないんですが、あと2回種類ほど頂きましたので、後日報告します。
材料(何人前かはわかりません

 ●ぜんまい 1束
 ●つきこん ぜんまいと同量
 ●油揚げ 2枚
 ●ごま油 少々
 ●めんつゆ 適量
 ●酒 少々
 ●唐辛子 適量(輪切り)


これだけです。
山菜は、色が濃いから栄養ありそうですよね~。
実際はどうなのかわかりませんが。

では、作ってみましょう

まず、ぜんまいを3cmくらいに切ります。
 油揚げは熱湯をかけて油を落として、短冊切りにします。
 つきこんは、下茹でできれば理想的ですが、水洗いでも構いません。

フライパンにごま油をしいて、唐辛子を炒めます。

 香りが出てきたらぜんまいと酒、つきこんの順に入れて炒めます。

火が通ったら、炒めながらめんつゆで味を調整します。

汁気が飛んだら、油揚げを入れて一炒めします。

油揚げに火が通ったら、皿に移して完成です。

メモ1
油揚げは水分が少なくなってから入れます。
間違って、味付け前に入れると、かなりしょっぱくなるので気をつけてください。
(吸い込んじゃうんですね

山人の料理なので、けっこう豪快にいけます。
手に入り易いのは、春になってからでしょうが、うっかり家にある人はぜひ試してみてください

もちろん、お酒にもよくあいます。
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:東北万歳! - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

こんばんは、山菜については色々と思い出があります。

週末にでもぜんまいの料理を作ってみます。ご期待を。。。

ところで間違っていたらゴメン!。ひょっとしてこれは、ぜんまいでは無く、わらびでは?。形、色合いなどで?わらびを茹でて塩漬けにした物の様にに見えます。

ご実家に聞いてみて下さい。宜しくお願いいたします。
【2006/01/11 20:46】 URL | バンダナ親爺 #- [ 編集]

>バンダナ親爺さま。
コメントありがとうございます。
ぜんまいかどうかについてですが、正直あまり詳しくありません。
やっぱり調理前に相方とこの話になったのですが、やっぱりぜんまいということで落ち着きました。
たぶん、ぜんまいです(ーー;)
バンダナ親爺さんのぜんまい料理も楽しみにしております^^
【2006/01/12 19:36】 URL | isao #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/55-8c11d00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。