漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水餃子?
日本中の大寒波何のその、まるで春のような陽気の陸前高田市。
ちょっと・・・大丈夫なのか?

まあ、初夏はヤマセの影響あるから引き分けかもしれないですが。

さて、この間、相方の職場の方に餃子を頂きました。
ラッキー

なので、本日はその頂き餃子を使った

水餃子?

水餃子


「?」「これでいいのかな?」のニュアンスです。
さて、12個入りなので、3人分くらいかと思うのですが材料です。

 ●餃子 12個
 ●長ネギ 1/6本(輪切り)
 ●中華だし 適量
 ●塩 適量
 ●胡椒 少々
 ●酒 少々
 ●ラー油 少々
 ●酢 少々


手順は、餃子をゆでて、スープと合わせるだけです。

鍋で湯を沸かし、餃子を茹でます。

別の鍋に、材料の長ネギ以外の調味料を入れてスープを作ります。
 (分量が曖昧なので、ちょっとずつ足しながら調整してください)

味が調ったら、長ネギを入れて火を止めます。

皿に茹で上がったを上げ、をかけて完成です。

今回は、鍋を2つ使いますが、調理方法は相変わらず簡単です。
スープの味の調整だけ気をつけるところですね。

メモ1
餃子はスープの中で茹でると、打ち粉や皮が溶け出すので、別鍋がよろしいかと思います。
それがどうしたというの方は一緒に茹でても構わないです。

メモ2
ってか、水餃子ってこれでいいんですか?

さあ、今日は何作るかな~
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:我が家の晩御飯 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

ヤマセ!久しぶりに聞いた言葉です。地元の人しか知らない言葉なのでは?。

若い頃に津軽海峡あたりで、漁船をチャーターして良く釣りをしていました。ヤマセの寒さたまりません、海水よりも冷たさを感じます。風速1mで体感気温が1度ぐらいさがりますので!。

そうそう、水餃子の件ですが、これに基本、ルールは無いと思います。何でもOK。。。
中国でも色々な地域で、具、生地、調理、味付け、食材などあります。

自分達が納得できれば、ベストなのでは?。。。
【2006/01/09 20:12】 URL | バンダナ親爺 #- [ 編集]

>バンダナ親爺さま。
コメントありがとうございます^^

やませは、季節風だと聞いていたのですが、実際は霧によって可視化されるということを知りました。
用例「あ~、やませ来た~(>_<)」

水餃子について、温かいコメントありがとうございます(勝手な解釈ですが)。
これに味をしめて、色んな水餃子にチャレンジしてみようかと思います^^
【2006/01/09 22:05】 URL | isao #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/54-3778276b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。