漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏肉と山菜を白菜に包んだもの。
おはようございま~す。

正月ムードも吹っ飛ぶ相方のパソコン修復にまる2日かかりました。

ですが、家にはしっかり実家から頂いてきた食材が残っています。
主食をお餅にしたら、やっぱりおかずは和風がいいな~?
などと考えながらも、一昨日の特売の鶏胸肉が残っています。
ついでに、山菜と白菜も頂いてきていましたので、本日のお料理です。

鶏肉と山菜を白菜に包んだもの。

鶏肉と山菜を白菜に包んだもの

ん~、元ネタなし
では、材料です。
(今日も2人分)

■具
 ●鶏胸肉 1枚4等分
 ●白菜 4枚
 ●ぜんまい 4本(4等分)
 ●ふき 4本(4等分)
 ●人参 大1/4(千切り)

 ●ネギ 少々(輪切り)

■スープ
 ●めんつゆ 適量
 ●酒 適量
 ●唐辛子 適量(輪切り)
 ●胡椒 少々
 ●砂糖 少々
 ●ごま油 少々


このくらいだった気がします。
味が足りない場合は加えてみてください。

鶏胸肉/ぜんまい/ふきを白菜に包みます。
 ロールキャベツ状ではなく、普通にクルクルっと巻く感じで。
 (白菜が固い場合は下ゆでしてください。)

鍋(フライパン)でスープを調合します。
 温めながら、好みの味になるくらい調整してください。
 量は、 を入れたとき、2/3以上浸るくらいです。

味が決まったら と人参を入れて煮ます。
 何度かひっくり返すと、味が均一になる気がします。

鶏肉に火が通ったら、火を止めてネギを入れます。
 (加熱時間は20分くらいでしょうか?)

盛り付けて完成です

ん~、文字化すると簡単ですね^^
っていうより、考えながら作ったので四苦八苦でした

メモ1
のところのスープの味付けは薄目にしてください。
鶏肉からちょっぴり出汁が出ますので、後で調整できるようにするためです。

メモ2
山菜はあったから入れただけで、なければ包まなくても良いと思います。
でも、包んだら美味しかったです

メモ3
煮込んでいる途中に灰汁が出ますので、余力があったらとってください。
見た目と味がけっこう変わります。

イメージとしては、そばの具の鶏肉と山菜が独立した感じでしょうか
けっこうお酒にあいましたいけましたので、是非お試し下さい。
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:我が家の晩御飯 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

おぉ~
あっさりしたかんじですね。
私でも作れそうです。
お酒が進みますね(笑)

【2006/01/06 14:39】 URL | ねこばやしふく。 #- [ 編集]


おはようございます、

何時も一手間二手間かけていますね!

漢の料理と言うよりは、ベテランの主婦が作った感じの物に見えます。

普通ですと簡単に鍋にしてしまいがちですが?、センスの良さに感服。。。
【2006/01/07 06:33】 URL | バンダナ親爺 #- [ 編集]

>ねこばやしふく。さま
コメントありがとうございます^^
うちでは、安いのと脂質の量ということを考えて、胸肉よく使います。
あっさりしていて美味しかったですよ。
煮るだけだし、これは、今後使えます^^

山菜は今回は母親が摘んだものだったので、無料でしたが、買うと意外に高いですよね。
【2006/01/07 13:06】 URL | isao #- [ 編集]

>バンダナ親爺さま
いらっしゃいませ^^

>漢の料理と言うよりは、ベテランの主婦が作った感じの物に見えます。

・・・ほめられているのか、ほめられていないのか。
単純なので喜んでみます\(^o^)/

いや、正直、「漢」ってイメージの料理していなくって、タイトル間違えたか・・・とか思った時期もありましたが、気付かないことにします(^^)

コメントありがとうございます^^
【2006/01/07 13:11】 URL | isao #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/51-536d189f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。