漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏とぶなしめじをチリソースで…。
今晩は。

某企業が、牛肉表記をしながら、色んなもの混入して、偽っていたというニュースが連日行われています。

なるほど、食の安全を考えるとけしからん話です。

政府は、牛肉表記の商品の検査をするとか。

何か違うような…

例えば、大豆の「遺伝子組み換えでない」って表記ありますが、遺伝子組み換え大豆を使っている場合もありえるわけだし、何も牛肉に限定する必要もないのでは?などと考えてしまいます。

ただ、個人的な意見を言えば…

なかなか素晴らしいごまかし技術ですね。

天をも欺く妖星「ユダ様」ってとこでしょうか。

さて、そんな我が家は、エビチリならぬ、鶏チリです。

ぶなしめじがあったので、一緒に投入。

鶏とぶなしめじをチリソースで…。

鶏とぶなしめじをチリソースで

グリーンカールはご愛嬌。
材料(2人分)です。

 ●鶏胸肉 1枚(一口大に切る)
 ●ぶなしめじ 1/2株(石突を取ってほぐす)
 ●ごま油 適量
 ●にんにく 1片(みじん切り)
 ●しょうが にんにくと同量(みじん切り)
 ●唐辛子 適量(輪切りかみじん切り)
 ●トマトケチャップ 適量
 ●酒 ケチャップと同量くらい
 ●中華だし 適量


あとは、お好きな香辛料を入れて味を調整してください。

フライパンに、ごま油をひき、にんにく、生姜、唐辛子を炒めます。

香りが出てきたら、鶏肉を入れて炒めます。

鶏肉に火が通ったら、ぶなしめじを入れて更に炒めます。

酒、ケチャップ、中華だしを入れて味を調えます。

皿に盛り付けて完成です。

味は問題なし

ちょっとぶなしめじが強すぎたかな?と思いますので、調整しながら入れてください。

メモ1
この料理に限らず、にんにくや生姜などの香りを出したい時は、弱火で炒めると良いそうですよ。
油の温度が高すぎると、香りが出る前に焦げてしまうからですね^^
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/320-a6a64066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。