漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めかぶ。
こんにちは。

今日はやや早くに更新しようかな…いや、早くないか。

先日、相方が職場の方に「めかぶ」をもらってきました。
「めかぶ」と言うと、千切りで粘りがある「あれ」を想像する方が多いかと思いますが、加工前のビラビラしたやつです。

そもそも、わかめの根の辺りだそうですね。

ちょうどその数日前に、地元の農家さん(漁師さんではない)に、めかぶの調理の仕方を聞いていたところでしたので、早速実践してみました。

めかぶ。

めかぶ

材料は、めかぶのみです。
あと、トッピングにかつお節をかけてみました。
ネギとかの薬味も美味しいと思います。
あとは、ポン酢、醤油、酢醤油など好きなものをかけて食べます。

お湯をやや多め沸かします。

めかぶの芯を切り、葉(?)だけを残します。

ひたすら、できる限り千切りにしてザルにのせておきます。

ザルにとっておいためかぶに沸かしておいたお湯をかけます。

色が変わってきたら冷水で粗熱を取ります。

盛り付けて完成です。

つるつるしこしこのめかぶの完成です。
生めかぶはやぱりコシが強い気がします。

メモ1
農家さんに質問しました。

 熱湯かけてから切るべきか?
 切ってから熱湯をかけるべきか?

答えは「どっちでも良い」だったのですが、先に熱湯をかけるとヌメリが強くなって切りにくくなるんだそうです。
だから、先に切っておいた方が処理が楽という話でした。

そう言えば、昔、春わかめだと思ってめかぶ食べたことありましたね…
その時の内容。
人は失敗して強くなっていくんですね。
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/296-cf1d6be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。