漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ大会~ドリンク編~
こんばんは。

昨日~本日と、夫婦で盛岡へ行っていました。

3月の半ばくらいに、大学の同級生が新婚旅行でトルコに行ってきたのですが、その報告会ということで、お食事会です。

新婚旅行と言っても、入籍は一昨年、結婚式は去年と、我々夫婦とイベントのタイミングが似ている夫婦。

旦那さんの方が、私達と同級生なのですが、事ある毎に(事がなくても・・・?)大学時代は一緒に飲んでいたんですよね~。
最近ではお互いそんなに呑めなくなってしまってますが

ということで、本日はレシピではなく

トルコ大会~ドリンク編~

今日の写真は、全て縦長になってます。

本題の前に、予備知識から。

日本人にとってはあまり馴染みが少ないかもしれないですが、実は、世界三大料理に挙げられる料理です。

友達の家で、参考資料として「地球の歩き方」を見させてもらったのですが、もともと肉料理が多かったらしいです。

でも、地中海に面したトルコにあって、魚介類が食べられるようになるのは当然で、最近では、魚料理も普通に食べられているんだとか。

そんな料理を奥様(学科の先輩なのですが・・・)が用意してくれたのですが、本日はドリンクメインでレビューを
まずは、トルコと言えば、世界遺産のカッパドキアです。

友達も当然旅行の行程には入っていた(しかも、初日だったとか!)そうです。
そこのお土産だったのかな?

カッパドキアワイン
カッパドキアワイン

味は地中海周辺の国だけに、当然ながら美味しいです。
ライトで、フルーティーな感じ。
邪魔にならないくらいのコクがあるものです。

そうそう、基本的に現地のワインって、酸化防止剤(つまり添加物)入ってないんですよね。
あれって、輸入するに当たって入れなければならないものらしいんですよ。
だから、日本で売っているのと同じワインでも、味が全然違うんですよ。
そして、何より次の日に残りにくい!
どれだけ飲んでも次の日元気に過ごせる魔法のワイン!
わんだほ~。

そして味以上にこのボトル!
現地で「かるいし~」って売っていたらしいのですが、何となく石膏の感じがします。
でも、日本人なら樹脂を使って型取りとかするんだろうボトルですが、継ぎ目がないということは、型取りではないんですよね・・・

友達夫婦曰く「トルコは人件費の概念がないのかも・・・」だそうです。


次もお酒ですが、RAKI(ラク)って言うそうです。
ラク

日本では(少なくとも私は)みたことないお酒でした。
ブドウの蒸留酒だそうですが、味は全くブドウではありません。
友達は「薬臭い」と言っていましたが、なんと言うか、チューンガムっぽい感じです。
友達とうちの相方が酔っ払って寝てしまって、私も寝ようと歯磨きをしたあたりに、飲んだのですが、歯磨き粉っぽい気がしたのは私の間違いでしょうか?
面白いのは、原液は透明なのに、水で割ると白く濁るんですよね。
見た目にも面白い飲み物です。
何か、私の書いた文章だと、美味しそうに感じないかもしれないですが、私が、ジンとかウィスキーとかが苦手なせいかもしれないです。
実際、蒸留酒の中では爽やかで飲みやすいと思います。
今度、酒屋さんで探してみようかと思います。


最後は、今朝飲んだコーヒーです。
本来、私はコーヒーを飲みません。
でも、誤解されがちなのですが、コーヒーが嫌いなんじゃないんですよ。

トルココーヒー
トルココーヒー

基本的にコーヒーなのですが、出し方と飲み方が違います。
トルココーヒーの豆は、パウダー状ってくらい細かくひくそうです。
見させてもらったら、純ココアみたいな感じでした。
鍋にその粉、砂糖、水を一緒に入れて煮出すんだそうです。
そして、カップに入れるらしいのですが、ポイントはここから。
粉末状の豆は当然溶けません。
なので、沈殿するのを待ってから飲むんだそうです。
(これも当然ですが、沈殿した豆は残します。)

まだ沈殿する前に、カップの中でゆらゆらしている豆がけっこうキレイなんですよ。

ついでに、この、残った豆をソーサーに空けてできた形で現地の人は占いをするんだそうです。
さすがに、その占い方まではマスターしては来れなかったそうですが、奥様が言うには「旦那の飲み残し豆は黒い」とか。

肝臓か?


ひとまず、今日はこんな感じです。
それにしても、正直あまりトルコには詳しくなかったのですが、トルコ面白いらしいですよ。
噂通り、親日家が多いらしく、けっこう日本ネタも通じるとか。
現地で話題の「平井堅似の店員さん」ってのがいるらしく、平井堅の歌を歌ってくれたと、ネタのような話をしてくれました。

友達に「インターネットで、キーワード『トルコ 平井堅』で検索するとけっこう出るよ」って言われてやってみたら、ほんとに出るよ約27,800件
ひとまず、今日はここまで^^
ごちそう様です、お友達夫婦
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/290-f621ef01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。