漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸しプリン。
こんばんは^^

本日はちょっと温かかったんですよ。
仕事なかったら釣りに行くところでした。
残念

さて、最近凝っているものがあります。

基本的にスウィーツ作りはしないのですが、常々思っていました。

いつも家にあるもので簡単にできるスウィーツあったら言いのに・・・

それがあったんです

蒸しプリン。

蒸しプリン

ここ3日、毎日作ってました。
まず、心得ておきたいのは、カラメルは下ではなく、上にかけてます。
理由は、簡単。
ひっくり返して皿にあけることを前提としないからです。

では、レシピです。
分量は卵1個をベースにしてますので、作りたい量によって調整してください。

 ●卵 1個分
 ●卵黄 1個分
 ●牛乳 160ml
 ●香料 少々
 ●砂糖 20g
 ●砂糖(カラメル用) 30g
 ●水(カラメル用) 少々


「香料」はバニラエッセンスや、お酒類、お茶などもよろしいかと思います。
ちなみに私はピニャコラーダ(ココナッツのリキュール)で試してみました。

卵と卵黄は、ボールに入れ、泡が立たないように溶きます。
 蒸し器を火にかけて準備しておきます。

牛乳と砂糖を小鍋に入れ、砂糖が溶けるまでかき混ぜながら加熱します。

砂糖が溶けたら、 にかき混ぜながら流し入れます。

軽く混ぜたら、一度、布巾やザルなどで濾しながら型に流し込みラップをします。

温めておいた蒸し器に、 を入れて蒸します。

極弱火で20分ほどゆっくり加熱します。

カラメルは、砂糖を茶色くなるくらいフライパンで加熱します。
 色がついたら、同量くらいの水を入れて滑らかにします。

蒸しあがったプリンにカラメルをかけ、冷やして完成です。

文章化すると面倒ですが、実際に作ってみると材料も手順もかなり簡単です。
さすがに3日連続だと上達ぶりが自分でわかります。

メモ1
ポイントは出来上がったプリン生地を一度濾す事です。
私は茶漉しを使いました。
目の細かいものほどなめらかな舌触りになるようです。

メモ2
火加減は絶対的に弱火です。
詳しく言うと75~80度くらいが適温かと思います。
これは何かって言うと、たんぱく質が固まる温度です。
あまり強火で加熱すると生地が沸騰して気泡ができてしまうとかいう話しです。
さすがにそこまではしませんでしたが、これもポイントの一つのようです。

メモ3
さらに滑らかにしたい場合は生クリームを使うそうです。
でも、生クリームなんて我が家に常備していませんので、私は使わない事にしました。
初志貫徹(家にある材料で作れるスウィーツ)です。
でも、機会があったら試してみようと思います

これからの時期、寒くなるので、寒天/ゼリーも含めて、スウィーツを冷却するのに冷蔵庫が必要ありません。
ってか、冷蔵庫が必要なくなる東北地方・・・

極寒地ではものが凍らないように冷蔵庫に入れておくとかって話も聞きました。

まだ東北は良い方なのかもしれないですね
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/247-86873fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。