漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我流ひっつみ。
こんばんは^^

1周年のほとぼりも冷め、普通の更新に戻します。

週末はバタバタとしていて更新できませんでしたが、すっかり岩手は冬です。
土曜日に相方の実家に泊まったのですが、朝は立派に雪が積もっていました。
県内でも比較的温暖といわれる高田も、星がきれいで寒々しています。

だんだんと体も温かい料理を欲しますが、本日リサーチを重ね紹介するのは

我流ひっつみ。

我流ひっつみ

こっちの方では、「すいとん」を「ひっつみ」というそうです。
材料です。
分量は適当です。

 ●小麦粉 適量
 ●水 適量
 ●塩 少々

 ●ごぼう 10cmくらい(ささがき)
 ●にんじん 中1/3くらい(ささがき)
 ●鶏肉 50g(一口大に切る)
 ●キノコ類 好きなくらい(食べやすい大きさに切る)
 ●ねぎ 1/5本(小口切り)
 ●水菜(セリとか) 適量(ざく切り)
 ●醤油 適量
 ●和風だし 適量
 ●みりん 適量
 ●酒 適量


具材は好きに換えても構わないと思います。

小麦粉に水と塩を混ぜてよくこね、30分~2時間ほど寝かせます。
 (「耳たぶくらいの柔らかさ」ルールで)

鍋にごぼう、にんじん、鶏肉ときのこ類水を入れて煮ます。

具材が柔らかくなったら、調味料を入れて味を調えます。

こねた小麦粉を一口大にとり、平べったくして鍋に投入します。

一緒にぐつぐつ煮込みます。

適度に煮たら、丼に盛りつけ、水菜、ネギを添えて完成です。

わーい、簡単で美味しいひっつみの完成です。
ポイントはこねた小麦粉を寝せる事らしいです。

メモ1
使う小麦粉で困ったのですが、お世話になっている栄養士さんに聞いたら「中力粉」だそうです。
そんな便利な小麦粉は常備しておりませんので、今回は強力粉と薄力粉を半々で混ぜてみました。
正しくは薄力粉で良いらしいです。
どれだけのコシを要求するかで使い分けると良いかと思います。

メモ2
前に紹介したのはカレーひっつみでした。
どちらかというとこちらが王道です。
基本、どんなスープにも合うのが良いですよね^^
この時期なら鍋にいれても良いかと思います。

などなど、最近灯油の消費量が激しいので、内側から温める方法を考えなければなりませんね。

やっぱり熱燗かな
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/245-3d6af32a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。