漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己流じゃじゃ麺。
こんばんは!

今日は重大発表があります。

前回、1周年記念企画の続きなどと言いましたが・・・

やりません

もういっぱいいっぱいです
漢は黙ってレシピです。

で、何を紹介するかというと、このブログに「じゃじゃ麺 レシピ」で来る人が多いようなんですよね。

実際、じゃじゃ麺は紹介した事がありますが、レシピは紹介した事なかったです。

ってか、お店の味は到底出す事ができないので、なんちゃってレシピになりますが

自己流じゃじゃ麺。

自己流じゃじゃ麺

キュウリもないので、ほうれん草をのせてみました。
材料です(2人分?)

 ●冷凍讃岐うどん 2玉
 ●ひき肉 50g
 ●しょうが 1片(おろす)
 ●にんにく 1片(おろす)
 ●しいたけ 2枚(みじん切り)
 ●ねぎ 5cmくらい(みじん切り…味噌用と添え用)
 ●酒 大さじ1
 ●ごま油 小さじ1
 ●味噌 適量
 ●中華だし 適量
 ●みりん 少々
 ●豆板醤 適量


こんな感じです。
あと、練り胡麻とかもありかもしれないです。

うどんをたっぷりのお湯で茹でます。

フライパンか小鍋に胡麻油をひき、にんにく~ネギまでを炒めます。

更にひき肉を炒めて、熱が通ったら調味料で味を調えます。

うどんが茹で上がったら、湯を切り、更に盛り、味噌、ネギをかけて完成です。

食べる時にラー油やおろしにんにくやしょうがを混ぜて食べます。
口のくささを気にする人は食べられません。
このレシピだったら・・・ん~、まずまずかな?って感じです。
でも本場盛岡の白龍(パイロン)には遠く及びません。

メモ1
味噌もホントならこだわった方が良いのかと思います。
専門店のは?自家製なのか中華味噌なのか?
私にはまねできません。
でも、気分だけ味わうなら十分ですね。

メモ2
あと盛岡では、じゃじゃ麺を食べたあと、残った味噌に生卵を溶き入れ、熱湯を注いで「チータンスープ」というのを飲みます。
これも自分の好みで薬味や調味料を入れて味を調えて飲みます。
お店では追加料金になりますが、常連としては外せないメニューになっています。
是非、ご家庭でもお試し下さい。

以上、ほんと、特別企画期待していた方(そもそもいるのかな?)には申し訳ありませんが、このような形で、通常更新に戻ってしまいました

嘘つきな私ですが、1年間やってこられたのも、皆様に頂くコメントや、足跡に背中を押されてきたからと、本当に感謝しております。

これからも皆様よろしくお願いしますm(__)m
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/244-9d6af01e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。