漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次年子そば。
こんばんは。

本日、朝から相方の車のタイヤ交換をして、そのままオイル交換をしてきました。

しっかり冬支度は完了です。

県北の方ではやっぱり雪が降ったらしく、秋というよりは冬なんですね。
今週半ばにも、寒気が入ってくるような気配。
相棒のインプレッサ君もタイヤ交換しないと

さて、昨日のお昼の番組を見ていたら、無性に蕎麦が食べたくなったんですよ。
山形出身の私としては半端な蕎麦では満足できるはずもありません。

蕎麦欲求は本日まで続き、県を越えて気仙沼市で購入しました。

次年子そば。

次年子そば
本日もレシピではないです。
この蕎麦、うちの実家で、正月(年越しだったかな?)に食べて感動しました。

「地元のマックスバリューで買った」と親は言っていたのですが、盛岡のイオンでも、気仙沼のジャスコでも売っていたので、東北のイオン系列店ならありそうな感じです。

よく分かりませんが「次年子」というのは地区名?地域の総称?みたいなもののようです。
(雪深くて、冬に生まれた子供の出生届を雪が解けてから出すような場所だから「次年子(じねんご)」というそうです)

故郷の新庄市のお隣、大石田というところの蕎麦のようで、なかなか市販品ではない太目の田舎風そばです。

コシと歯ごたえはかなりのもので、火はしっかり通すべき・・・

このブログとかけているわけではないですが、男らしい漢らしいそばです。

次年子そば

正直、地元にいるとき、そばはそんなに食べませんでした。

でも、いざ山形県を離れてみると、美味しいそばを出すところってあまり無いんですね。

時々食べたくなっても、どこで食べて良いのか

そんな時、イオン系列店でこれを購入して、舌と腹を満足させるのですよ。

蕎麦屋さんには申し訳ないですが、半端な蕎麦屋よりよっぽど美味しいと思います。
ただ、知り合いの方は「つゆがあと一歩・・・」と言っていたので、気になる方は、めんつゆは自分で用意するのをお薦めします。
(私は気になりませんが)

是非、お店で見つけたらお試し下さい。
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/234-bb124062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。