漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひき肉をこねて鶏肉で包んだもの。
こんばんは~。

本日は3:00 p.m.ブログと一緒の更新です。

3:00 p.m.ブログでも書きましたが、お客さんがいらっしゃるので、3連休はこのブログもお休みです。

そして、明日は非常勤をしている高校の文化祭です。
非常勤なので、お勤めではないですが午前中行ってみようと思います。


さて、本日のご紹介です。

何か、寒くなってくると洋風のものより、中華風/和風な気分になるのは私だけでしょうか?

ひき肉をこねて鶏肉で包んだもの。

ひき肉をこねて鶏肉で包んだもの

名前のまんまです。
材料(2人分)です。

 ●鳥胸肉 1/2枚
 ●ひき肉(できれば鳥) 100g?
 ●ネギ 1/5本(みじん切りか小口切り)
 ●ごま油 少々
 ●塩/胡椒 適量
 ●パン粉 さらっと
 ●片栗粉 小さじ1
 ●ニラ 5本くらい(鶏肉の幅くらいに切る)
 ●酒 適量


こんな感じだったかな・・・?

鳥胸肉はまな板に広げて水平に包丁を入れて取れる1/2枚を使います。

鳥胸肉に塩胡椒をし、しばらく放置しておきます。

ひき肉、ネギ、ごま油、塩、胡椒、パン粉、片栗粉をよくこねて混ぜます。

ニラを包むように を棒状に成形します。

あとは、 で巻きます。
 (端は楊枝などで止めます。)

フライパンに油を敷いて、全面を転がしながら焼きます。

表面が焼けたら、中火にし、酒を入れて蓋をし、蒸し焼きにします。

あとは、中のニラまで火が通ったら完成です。

ソースを用意しようと思いましたが、塩気は十分でした。
肉+肉=肉。

メモ1
今回は豚挽き肉を使いました。
何でって安かったからですよ。
違う種類の肉を使うのも一つの手ですね。
蒸し焼きの途中に水がなくなったら、足しながら過熱します。

メモ2
今回の火加減はニラで調整しました。
最近知った話だと、植物の細胞壁は93度以上(96度だったかな?)の熱で壊せるらしいです。
これはたんぱく質の凝固する温度より高いので、中心部に入っているニラを基準にすれば良いと思います。
でも、火を通しすぎると外側の鶏肉がパサパサになるので注意してください。

うん、これ、お客さん来たらつまみに使おう

では、また来週~。
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/230-0c384666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。