漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊肉。
皆さん、お盆ですが、いかがお過ごしでしょうか?

我が家はちょっと変則的な帰省をいたしまして、さっき、山形の実家から相方の実家に戻ってきました。

ブログやメールのチェックは実家のパソコンなどで行っていたのですが、なかなか更新する暇もなく、家の手伝いだったり

 ・・・酒だったり

さて、そんな寄生虫帰省中の身ですが、帰省直前に更新した記事へのコメントで、このブログともリンクしていただいているバンダナさんから司令(?)がありました。

>ご自分では何時も食べている物でも、意外と地域限定の物などあります。

とのことです。
なるほど、これは面白いと思い、ちょっと気にかけて山形に向いました。

私の実家の方は、いわゆる「山」で、携帯電話(Docomo)の電波はギリギリ。FOMAはもちろんエリア外っていうのどかな集落です。

私が客観的に見て珍しいと思うのは肉文化です。

一般的な豚/牛/鶏/羊という選択肢の他にがあります。

飲み屋とかにたまに置いてある馬刺しも、冷凍でなく、生のやつがスーパーに普通に並んであるってのは珍しいかもしれないです。

お祭りの時などは馬のモツを煮込んだ料理が各家庭に置かれます。

けっこう地味な料理なんですが、漬物みたいに、家庭によって味付けが違うので、これを食べるのは楽しみの一つでもあります。

そして、高校卒業と共に実家を離れた私は気付かなかったのですが、お酒との相性が抜群なのです

そして、今回さらに珍しいものにお会いしました。

熊肉。

熊肉

先に申し上げておきますが、決して肉屋では手に入りません
ルートは特殊ですが、近所の人にもらったそうです。
私も実家いる時に数回しか食べた事はありませんでした。

レシピも、多分、にんにくと生姜と醤油で煮込んだだけの簡単なものだと思います。

味は・・・独特の臭みと歯ごたえ。

歯ごたえが良いと言うよりは、固いです。

熊の手とか、高級食材とか言いますよね?

そういえば、肉はあまり聞かないのは、これが原因か?
申し訳ないですが、決して美味しいとは言いがたいです

とは言うものの、お酒との相性は悪くないと思います。
馬のモツ、馬刺しと同じで

大人は嬉しい料理

が、もしかしたらうちの地元のキーワードかもしれないです。

そうだそうだ、山菜料理もそんな感じだ
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:我が家の晩御飯 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

おはようございます。
コメントが遅れて申し訳ないです。
やりましたね~熊肉ですか!ほとんどの方が食べた事な無いと。私は一度だけあります、味噌味の鍋で臭いは気になりませんでしたが、パサパサで。。。でも昔は貴重なたんぱく質。。。

これは熊肉の佃煮の感じで?。私的にもお酒のアテとして合うと思います。

ご指摘の馬でこの様な物は、隊長の実家の方にはあり、これで一杯これまた最高。。。
【2006/08/20 06:51】 URL | バンダナ親爺 #- [ 編集]

>バンダナ親爺さま。
こんばんは^^
バンダナさんに宛てた内容、見ていただいて嬉しいです^^
なかなか、田舎オリジナルは見つけるのに苦労しました。
(これが田舎オリジナルかは怪しいですが・・・)
最近は、良くも悪くも日本各地で均質化していて、地域特性が少なくなってますよね。
今度帰るときは年末年始なので、その時にはもっと面白いネタを集められるように頑張ります!
コメントありがとうございますm(__)m
【2006/08/20 17:51】 URL | isao(♂) #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/11/27 17:17】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/197-a828967f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。