漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納豆汁
先日、家の両親が遊びに来ました。
その時に土産に持ってきてくれたもの、それが今日のレシピです。

とうとうこれを出す時が来ました。

東北地方、こと山間部では独特の食文化があるものです。
今日のレシピは、そんな山に住む民が代々伝えてきたレシピです。

そう、言わば一子相伝のレシピ

「納豆汁」

nattoujiru.jpg


と、引っ張りましたが、材料も具材もけっこう適当です。
分量もどうでも良いです。

■具材
 ●山菜何でも 好きなくらい
 ●油揚げ
 ●豆腐
 ●キノコ類 何でも
 ●ネギ


■味付け
 ●和風だし
 ●味噌
 ●納豆


以上です。
そう、何でも具材になり得ます!!

では、みんなで作ってみましょう

まずは、納豆をすり鉢で粒が目立たなくなるくらいつぶします。
 かなり力が要りますが頑張ってください。
 ミキサーを使うと壊れる恐れがあります。
 まさに漢の料理と呼ぶにふさわしい食材です。

次に、食材を全て、食べやすい大きさに切ります。
 味噌汁に入れるくらいの大きさをイメージしてください。

あとは、味噌汁を作る要領です。
 お湯を沸かして、だしを入れて、具材に火を通します。

火が通ったら、ちょっと薄めの味噌汁を作る感じで味噌で味付けしてください。

とどめとばかりにを入れて、味を調えます。

あとは、盛り付けて、好みでネギや一味をかけてお召し上がりください^^

という感じの、いたって豪快な料理です。

私の地元では、冬にかなりの頻度で出現します。
身体は確実に温まりますよ^^

メモ1
難しくはないですが、山菜はなかなか手に入りにくい食材ですね。
あっても高いし・・・
きのこは、基本的にナメコが入ります。
粘りは納豆なのかナメコなのかわからなくなります

メモ2
部屋がしばらく納豆臭くなりますが、気にしないでください。
ぜひお試しください

ブログランキング参加はじめました。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/18-9fdbd5ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。