漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒順香酢レシピ2 とりあえず酢豚。
おはようございます。

今朝起きてびっくり。
サッカーワールドカップ、ブラジルもイングランドも準々決勝で敗退してるじゃないですか

ここまで来るとどこが勝ち上がってもおかしくないんですよね。

さて、本日はこの間モニターとして頂いた恒順香酢を実際に使ってみます。

でも、あまり酢料理はレパートリーにないので、とりあえずスタンダード料理から試してみます。

恒順香酢レシピ2

 とりあえず酢豚。

恒順香酢レシピ2 とりあえず酢豚

例によって豚は揚げていません。
パイナップルも入れないことにします。
材料です(2人分)。

 ●豚肉(カレー用) 100g
 ●小麦粉 適量
 ●玉ねぎ 中1/2個(くし切り?)
 ●にんじん 中1個(乱切り)
 ●ピーマン 2個(縦半分に切って4等分)
 ●たけのこ水煮 1/2個(乱切り)
 ●しいたけ 5個(4等分)
 ●しょうが 1片(みじん切り)
 ●恒順香酢 10ml
 ●酒 大さじ3
 ●水 大さじ3
 ●ケチャップ 大さじ1
 ●オイスターソース 大さじ1
 ●砂糖 大さじ1
 ●塩 適量
 ●サラダ油 適量
 ●ごま油 適量
 ●水溶き片栗粉


けっこう材料が多いですが、これらを入れました。

多めの油で小麦粉をまぶした豚肉を炒めます。

一度豚肉を上げ、ごま油をひいて、玉ねぎと人参を炒めます。

ある程度火が通ったら、残りの具材と の 肉を入れてさらに炒めます。

酒と水、オイスターソースを入れて煮ながら和えます。

恒順香酢、ケチャップ、砂糖を入れてさらに和えます。

味をみながら、塩で調整して火を止めます。

水溶き片栗粉でとろみを付けて、皿に移して完成です。

行き当たりばったりの料理のわりに、こりゃ酢豚です
やればできるじゃん
恒順香酢も良い風味を出していますよ

メモ1
これを作るに当たって、インターネットで情報収集をしました。
気になったのは材料に「酢」がないところが多いこと・・・
酢豚なのに・・・。
多分ケチャップで代用してたんですね。

メモ2
今回はパイナップルはなしです。
そのためにパイナップル缶買うのも嫌だったので。
残ったパイナップルの消費も困るし。
酢豚のパイナップルには賛否あると思いますが、酵素が肉を柔らかくするんですよね。
でも、好き好きでよいかと思います。

メモ3
砂糖と塩を間違えると大変なことになります。
誰もしないって
そう言っていられるのも今のうちです。
私は・・・

しました

慣れた人ほど確認してください。
かろうじて砂糖とか具材の追加などでフォローしてみましたが。


恒順香酢はやっぱり普通の黒酢とかに比べると深みが違うように思います。
1瓶(10ml)単位で使ってるので、あと2つ料理を試してみようと思います。
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント
こんにちは~。
名前がすっかりそっくりでお茶しゅんさんとこでずーっと気になっててとうとう来てみましたとさ。

Issaoはパイナップルを酢豚に入れるのいやだから、このレシピで酢豚作ってみようかな。
今思い出したんですが、家の食卓に酢豚が乗ったことはありません。
なんでだろう・・・。つまり学校の給食とかでしか食べたことがないというわけなんですが。

酢といえば、クックパッドでIssaoも酢をGETしました。
モニターではありませんが。
今はバンサンスー(実はコレもウチの食卓にあがったことがないです。そして給食でのみ食べたことがありました。今はクックパッドで覚えてIssaoの定番メニューです。そしたらオカンもマネして作るようになったけど。)
次回の酢を使った料理も楽しみにしてますね~。
そして、一字違いのIssaoをよろしくです。
【2006/07/03 12:37】 URL | Issao #- [ 編集]

なんてこと??!
今はバンサンスーの後が無かったことに投稿後気づきました。
でも言いたいことは()収まっています。
では…。
【2006/07/03 12:45】 URL | Issao #- [ 編集]

>Issaoさま。
はじめまして^^
私も実はお茶しゅんさんのページで見つけて気になってました^^
実は、我が家の食卓にも酢豚がありませんでした。
今回作ってみて気軽に作れる料理だとわかったので、レパートリーに入れようと思います。
バンサンスーは、正直私知りませんでした(>_<)
でも、issaoさんのブログを拝見させていただいて気付きました。
昔給食で食べましたね!

コメントありがとうございます^^
これも何かの縁なので、これからもよろしくお願いしますm(__)m

余談ですが、こちらにisao(♀)さんという方のリンクもありますので、是非そちらにも足(手?)をお運びください^^
似た名前同士ということで^^
【2006/07/03 19:13】 URL | isao(♂) #- [ 編集]

ども^^
いやー、実は僕もisaoさんとIssaoさん、ゴツ似てるな~と気になってたところでした。「isaoさん2回もコメントしてるよ~(笑)」とか思ったくらいでした(笑)

しかし、酢豚ってあまり酢使うレシピないんですね!isaoさんの記事を見て初めて知りました。この知識は「漢検」に出そうですね^^

それにしても味に深みがありそうな酢豚ですね^^食べたいぜぇ

あと2つのレシピ楽しみにしてます^^





【2006/07/05 03:30】 URL | お茶しゅん #- [ 編集]

>お茶しゅん さま。
毎度です^^
お茶しゅんさんのおかげで良い出会いがありました。
そのうちISA(isao/issao)連合必要ですね。
いや、ISOの方が、規格物っぽくて良いですか?
わしも・・・いや、わたし「は」、漢検に向けて全力で間違った漢力を磨こうと思います。
コメントありがとうございます^^
【2006/07/05 08:41】 URL | isao(♂) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/177-d4c830f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。