漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子丼?。
こんばんは~。

今夜はワールドカップ日本初戦ということで、10時までに更新を完了しようと思います
さ、オーストラリア戦どうでしょうねえ?

私の見た日本代表は・・・

前評判が良い時は苦戦する

その割りに、強豪とは予想以上に渡り合う

です。
偏見ではない気がします。

さて、そんな本日のご紹介は

親子丼?。

親子丼

半年以上もやってて、今更の登場です。
材料(2人分)です。

 ●ご飯 1合(量は調整してください)
 ●鶏胸肉 1/2枚(一口大に切る)
 ●ネギ 1/3本(斜めにスライス)
 ●にんにく 1片(みじん切り)
 ●油 適量
 ●みりん 大さじ1
 ●めんつゆ 適量
 ●水 めんつゆと同量
 ●パセリ 一掴み(みじん切り)
 ●三つ葉 数枚(添える)
 ●卵 1個


前も言ったかと思いますが、うちの相方は卵を食べ過ぎると蕁麻疹が出る変な体質なので、卵は1個で二人分とします。

鍋に油を敷き、にんにくの香りを出し、鶏胸肉とネギを炒めます。

鶏肉の表面が焼けたら、みりんとめんつゆ、水を入れます。
 (めんつゆ:水=2:1くらいがよろしいかと思います)

火が通ってきたら、パセリを入れて一煮立ちさせます。

溶き卵を入れて卵とじ状にします。

丼によそったご飯にをのせ、三つ葉を添えて完成です。

何の変哲もないレシピですが、それだけに流用しやすい内容となっています。
味付けも難しくないのですよね

メモ1
味付けはいろいろやってみましたが、めんつゆとみりんが一番簡単だと思います。
でも、こだわればきりがないんでしょうね。。。

メモ2
卵を入れてからの火力ですが、2人分に卵1個を使う場合は、火力は全力で構いません。
もし、2個使うときは、火を止めて流しいれ、余熱で固めるくらいが良いかと思います。
どっちにしても、チョイ緩めが美味しいと思います。

さ、ちょうどキックオフです

頑張れ、日本
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:きょうのご飯 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント
にんにく!
親子丼にニンニク、初めて見ました!
なんだか美味しそう♪

お兄さまへお話していただいたみたいで、さっそくコメントいただきました!
素早い行動、嬉しいです♪

これも何かのご縁かと思いまして、お兄さまのお店のリンクをいただきました。
バナーも貼ったりなんかして、宣伝活動したいと思います。

ではでは、これからもよろしくお願いします!
【2006/06/13 02:44】 URL | isao(♀) #- [ 編集]

>isao(♀)さま。
こんにちは、お世話になっております^^
にんにく入れちゃいましたね~。
卵がマイルドなぶん、ちょっとパンチがを効かせたい時にお薦めです。
実際、あまり深いことは考えておりませんでした(笑)

話はかわりますが、兄がお訪ねしたようで恐縮です。
ひいき目に見ても性格に問題あるだろ?って兄ですが、他人には親切なはずです。
そこが不満に拍車をかけるんですが・・・。
付かず離れずな関係でよろしくお願いしますm(__)m
【2006/06/13 13:58】 URL | isao(♂) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/167-07b85c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。