漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なすに味噌かけて、木の芽添えた料理。
おはようございま~す。
もう、5月も終わりですね~。
6月って言ったら・・・2006年も半年ですよ

さて、この間、お世話になっている栄養士さんに「木の芽」というものを聞きました。
つまりは、山椒の若い葉と理解しました。

スーパーで見たら、2本くらいで150円くらいするんですね

高級品だ~

などと思っていたら、その辺に普通に生えてました。
何と、田舎万歳です。
懐かしい(地元も山なので・・・)においに、思わず摘んで、料理に添えてみました。

なすに味噌かけて、

 木の芽添えた料理。

なすに味噌かけて、木の芽添えた料理

緑の葉っぱが木の芽です。
材料です。
分量は比率で示しますので、調整してください。

 ●なす 一口大に切る。
 ●味噌  3
 ●みりん 1
 ●酒   1
 ●味の素 少々
 ●木の芽


どっちかというと主菜というよりは、「あと一皿」料理ですね。

なすは、切り、あくを抜き、茹でます。

味噌は、小鍋で温めながら滑らかになるまで混ぜます。

茹で上がったなすを湯から上げ皿に移し、味噌をかけ、木の芽を添えます。

失敗する要素が見当たりません。
山椒のさわやかな風味が心地よいです。
もちろん、お酒にも合います

メモ1
木の芽は、掌で「ぱんっ!」と叩きます。
空気の層を作って、叩いた時の気圧で風味を出すのがコツだそうです。

メモ2
なすは、焼いてもよろしいかと思います。
でも、焼くとけっこう油を吸い込むので、「茹で」が我が家ではスタンダードです。

今回の件で味をしめたので、家庭菜園に、山椒を追加しようと画策中です
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:酒の肴 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/161-fe9162c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。