漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はたはたの田楽。
おはようございま~す。
泣き出しそうな空の陸前高田市からお届けします。

昨日、衝撃的なことに気付きました。
3:00p.m.ってページも運営しているんですが、こっちのサイトのアクセス数のほうが多くなってしまいました
やっぱり、ブログは的を絞ったテーマの方が利用しやすいみたいですね~。

さて、昨日は、スーパーで食材を考えていたら、はたはたって魚が売ってました。
日本海側ではメジャーな魚で、実家にいる時も何度か食べたことありました。
身に独特の食感があるんですよね。
調理するのは初めてですが、本日のご紹介は

はたはたの田楽。

はたはたの田楽

単純ですが、美味しかったです
材料です。
 ●はたはた 4尾
 ●味噌 大さじ3
 ●砂糖 大さじ1.5
 ●みりん 大さじ1
 ●酒 大さじ1


味噌は、上に書いた量を基本として調整してください。

はたはたは腸をとって、グリルで両面焼きます。

味噌/砂糖/みりん/酒を、味をみながら小鍋で調合します。

はたはたに火が通ったら、味噌をつけてまた両面焼きます。

味噌の焦げ目がついてきたら、皿に移して完成です。

こりゃ美味しい

メモ1
味噌を最初につけて焼くと、焦げがどんどん付いていきますので、一度はたはたを焼いてから、味噌を付けます。
ちょっと唐辛子を入れて、甘辛しょっぱくしたかったのですが、相方のお腹の調子を考えてやめました。

メモ2
腸の取り方に困ったのですが、お腹を押したら、エラのあたりから、出てきました。
しばらく考えて、これをマイスタンダードとしました。

ところで、この辺(東北太平洋沿岸)で買ったはたはたは、どこ産なんでしょうね
東北横断して来たのかな?
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

こんにちは。
はたはたは大好きです。子持ちの物が特に。。。

私は醤油と酒で漬け焼きにしますが、田楽もいいですね~。

東京ではこの魚はあまり見かけません。高級魚になってしまいました。最近でははたはたのタマゴ(通称ブリとかブツ)など20年以上見た事がありません。
【2006/04/06 16:57】 URL | バンダナ親爺 #- [ 編集]

>バンダナ親爺さま。
ブログはほぼ毎日チェックしておりましたけど、ご無沙汰しております^^

はたはたは、子持ちでないせいか、6尾で198えんという値段で購入できました。

数年前まで、はたはたが減ったらしく、水揚げが制限されていたとか聞きました。
それで、解禁になったのはつい最近だとか。

私も、山形出身でありながら、卵を食べたのはほんと、つい最近です。
(ちなみに、実家では「ブリッコ」って呼んでました)

コメントありがとうございます^^
【2006/04/06 18:39】 URL | isao(♂) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/130-4fe97bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。