漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄身の味噌漬け。
今晩は
昨日は来客のため、更新はお休みしました。

わざわざ相方の妹さんがはるばる来てくれました。
噂の高田松原でいかがわしいカップルがいたと、リアルに話す姿に大うけ。

最近、レシピがぱっとしませんが、本日はちょっと変り種です。

黄身の味噌漬け。

黄身の味噌漬け

とある料理雑誌で見たのを試してみます。
材料です。

 ●卵黄 5個
 ●オリーブオイル 小さじ1
 ●砂糖 大さじ1/2
 ●卵黄 1個
 ●味噌 大さじ6
 ●豆板醤 小さじ2


材料は特別なものは使いません。
卵黄は二回書きましたが、一方は味噌に混ぜます。

砂糖・味噌・卵黄1個・オリーブオイル・豆板醤をよく混ぜます。

深めの皿に味噌を半分敷き、スプーンなどでくぼみを5個作ります。

味噌に作ったくぼみに、卵黄を置いていきます。

濡れた布巾又はキッチンペーパーを の上にかけます。

残りの味噌を、キッチンペーパーの上から満遍なくかぶせます。

ラップをして一晩以上寝かせて完成です。

漬けておくと、卵黄は固まって、独特のトロミ以上固さ未満っていう独特の食感を堪能できます。

メモ1
卵黄はデリケートなので、優しく扱いましょう。

メモ2
食べる時、味噌が気になる人は、下に敷いた味噌と黄身の間にもキッチンペーパーを敷くと良いかもしれないです。
ただ、ちょっとテクニックがいるかもしれないです。

今回は、朝食用に作りましたが、酒の肴に最適な味でした。
寝かせる時間はかかりますが、簡単ですのでお試しください
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:酒の肴 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

黄身の味噌漬け、いとこ(おじさん)から贅沢なんだよね~
教えてもらったのは味噌だけでした。
このレシピだと味の広がりがありそうですね。
【2006/03/29 15:44】 URL | ねこばやしふく。 #- [ 編集]

>ねこばやしふく。さま。
いつもコメントありがとうございます^^
オリーブオイルと味噌と豆板醤って、どこの国の料理でもないですよね(笑)
使い終わった味噌は、野菜炒めとかに使いましたけど、これもGOOD!
何度か作ってモノにしようと思います。
またいらしてくださいね^^
【2006/03/29 20:15】 URL | isao(♂) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/122-f84f040b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。