漢の料理!
かれこれ主夫も板についてきましたので、漢(おとこ)の料理レシピを公開いたします。
ブログ検索



プロフィール

isao

Author:isao
在宅ワーカー兼主夫として、一家の台所を預かっています。日に日に料理の腕前が・・・



カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空調理講習会。
やっと酒が抜けたisaoです。

昨日、お世話になっている栄養士さんに誘われて、大船渡で講習会(セミナー?)に参加してきました。

何の講習かというと、

真空調理などの新調理

と呼ばれる調理法についてです。
そして、なぜか頂いてきた料理が晩御飯になりましたので、写真だけ掲載します。
ソフト食用カッテージパイ

今回のセミナーは、その筋の第一人者の谷孝之先生を講師に招き、けっこう本格的な内容でした。

正直・・・場違いな感じでした

新調理とは、何かというと、私が説明するよりもこちらのページがよろしいかと思います。

電化厨房ドットコム

つまりは、真空パックのメリットを最大限に生かした調理と理解しました。

メリットとは

 ●加熱管理の効率の良さ
 ●保存性の良さ
 ●大量調理


 ・・・などなどだそうです。

熱の通し方も、湯煎機やとか、スチームコンベクションとかいうあまり一般家庭ではないような器具を使うので、ホント、施設向けなんでしょうね。

大量調理がメリットということなので、当たり前と言えば当たり前ですね。

でも、最近、蒸気で調理するレンジみたいなものが出てますので、まったく無縁のものでもなくなりつつあるのかな?とかも思います。

それにしても、上の料理の時に使ったのですが

蒸気で焼き目をつける

っていう意味がしばらく理解できませんでしたね


でも、かなり合理的な調理法でした。
一般家庭でも参考にできそうなのは、

豚肉が最もやわらかく食べられる温度とか。

これは、68度とかだった気がします。
温泉卵と一緒。
一般の家庭では、保温にした炊飯器がこれに近い温度だそうです

新調理抜きにしても、とってもためになる講習会だったと思います。


そしてどんどん、料理の方に力が入っていく
ブログランキング参加しています。
ポチッと押してもらうと嬉しいです(>_<)人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:モダンリビングスタイル 創作和食料理教室 - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otokocook.blog35.fc2.com/tb.php/105-b1471b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。